クレジットカード現金化について

クレジットカード現金化について

クレジットカードの現金化という商法について、ご紹介します。クレジットカード現金化は、クレジットカードのショッピング枠を現金にする行為のことです。そもそもクレジットカードには、現金を借りることができる「キャッシング枠」と、買い物に利用することができる「ショッピング枠」とが存在します。このショッピング枠を利用して商品を購入させ、表面上はその商品を買い取るという名目で、利用者に現金を渡すという商法となります。

http://www.money-credit.link/
クレジットカード現金化には、さまざまな問題点があります。まず、カードで購入した商品は、代金が完済されるまではクレジットカード会社に所有権があり、これを転売するという行為は、「横領罪」に該当する可能性があります。また、現金化するために商品を購入するという行為は、カード会社からお金を詐取するものとして、「詐欺罪」に該当する可能性があります。さらに、現金化業者を利用するという行為は、犯罪にもあたる違法なものとなります。
通常、クレジットカード会社の利用規約には、換金目的でショッピング枠を利用した場合には、カードの利用停止または会員資格の停止理由とするという規約が書かれています。クレジットカードのショッピング枠は、あくまでも商品代金の支払いをするものです。換金を目的とした利用は、契約違反となりますので注意しましょう。クレジットカード現金化業者は、事実上の金融業者となり、貸金業法および出資法違反にあたります。金融業者である以上、貸金業法に基づいて登録しなければならないのですが、現金化業者は貸金業の許可は受けていません。